最近のタバコのお話

Pocket

IQOS(アイコス)、glo(グロー)、PloomTECH(プルームテック)など、加熱式タバコが期待と人気を集めています。

発売当初は入手困難という話も聞きました。

僕はタバコを吸いません が、周りの愛煙家?は次々と加熱式タバコを手にしています。

 

”タバコと歯周病”、耳だこの方もいるかもしれません。今回はまず加熱式タバコ自体について取り上げたいと思います。

 

従来のタバコとどう違うのか、喫煙者本人や受動喫煙はどうなのか、疑問を感じている方は多いのではないでしょうか。

 

加熱式タバコ、電子タバコ、僕は同じだと思っていましたが違うようです。

 

加熱式タバコ

アイコス、グロー、プルームテック

グリセリンを含んだタバコ葉を加熱し、ニコチンを含んだ蒸気を発生させて吸う、または発生した蒸気をタバコカプセルを通して吸う。

従来型タバコの代替品として注目を集めています。

 

電子タバコ

VITAFUL、VITABON、VITACIG、VAPEなど

液体(リキッド)を加熱して蒸気、香料を吸う。一部ニコチンを含むものあり。日本ではニコチン含有リキッドは販売されていない(個人輸入可)

ニコチンを含まないリキッドが主流で、フレーバーが豊富なため禁煙グッズとして人気があります。

 

従来型タバコの代替品とされているアイコス、グロー、プルームテックなどの“加熱式タバコ”。従来のタバコに比べどう変わっているのでしょうか。

 

メーカー表示燃費19.31km/L

最大連続通話1500分

50分で充電完了

こういった宣伝文句をよく目に耳にします。車、スマホ、PC、・・・

 

有害物質90%軽減!

という広告も目にする加熱式タバコ・・・

 

実際のところどうなのか、そこが知りたいところです。

 

次回に続きます。

 

投稿者: | カテゴリー: コラム, タバコ

パーマリンク

コメントは受け付けていません。